業務日報システム

  • 業種|サービス業
  • 開発期間|1ヶ月
  • 従業員数|69人
  • 地域|札幌市

お客様の課題

外回り営業を行うことの多い、ITベンダーの企業様。顧客情報は全体共有されているものの、各担当がどの顧客に、どれだけの時間、どのような営業活動を行ったのかは管理出来ていませんでした。会社の実績向上の為には、営業活動の採算性向上や、業務の効率化が必要であると考え、顧客情報と紐づいた営業日報の仕組みについてご相談をいただきました。

・外回り営業の実態が把握できず、担当者任せになっている

・担当者任せになっている為、その行動が売上に繋がる行動なのかどうかも分からない
お客様の課題

エムテックのご提案

エムテックのご提案
毎日の業務日報はエクセルで作成し、提出を行っていましたが、予定と結果の紐付けがなされておらず、その日何をしたのかを報告するだけのものでした。
営業活動の採算性向上には、どのような目的で予定を組み、行動した結果がどうなって、その結果に基づいて次の行動を検討するというPDCAサイクルが必要です。その為の仕組みとして、業務日報のオリジナルシステムをご提案致しました。

システム概要

ご提案したシステムにおいて、以下のような機能を盛り込み、課題解決を図りました。

・顧客情報との連携
顧客管理の機能と連携することで、報告の作成時に顧客リストから選択を出来るようにし、スムーズな登録を行えるように。

・行動予定の登録
一日の行動予定を登録し、全体で共有出来る仕組み。

・行動結果及び所要時間の登録
予定に対して、具体的にどのような行動をし、どのような結果が出たのか、また、それにかかった時間も登録出来るようにし、行動分析を行えるように。

お客様の声

「所要時間を分析できるので、提案書の作成に時間が掛っているなどの傾向が分かるようになりました。」

「これまでは漠然と行動予定を立てていましたが、どんな目的で行動するのかを、みんなが考えるようになってきました。」

「内容が全体共有されているので、会議の場でも使って、分析と指導を行っています。」

お客様の声
PAGE TOP